最近のトラックバック

ウェブページ

フォトアルバム
Powered by Six Apart

2008年5月28日 (水)

シャクヤク

今日の花はシャクヤク(芍薬)です。

080528 純白で清楚な花ですね~。花嫁のウエディングドレスをイメージしてしまうのは私だけでしょうか(笑)

その名のとおり、古くは平安時代から薬用に使われていました。当時はなんと婦人病の薬として用いられていたようですよ。現在でも根は漢方薬の材料になるんだそうです。

この花、昔のことわざで「立てばシャクヤク、座ればボタン、歩く姿はユリの花」と、美人を形容する言葉にも使われているくらい、古来から女性の美しさを象徴する花として愛されています。

庭に2,3株植えるとグッと引き立ちますね。

曲はマキシン・ナイチンゲール「エブリタイム・アイ・シー・ア・バタフライ」(1976年)。

everytime_i_see_a_butterfly.mp3をダウンロード

2008年5月24日 (土)

水芭蕉とカラー

今日も恵那峡での写真をご紹介。

Mizubasyo1 Mizubasyo2

恵那市にある「根の上高原」で水芭蕉をパチリ。ここには湖があって、湖岸の近くの湿地に群生していました。葉の中に埋もれたように花が咲いているので、遠目の写真だと葉っぱしか見えないっすね~。(^^;

でも、なんか健気に咲いてる感じが微笑ましい。happy01

水芭蕉はサトイモ科の植物なんだそうです。ですからサトイモの花もこんな形をしてるみたい。ただ、栽培農家でもあまり見ることはないそうです。

080523_1  080523_2

で、こちらが我が家の庭に咲いているカラー。同じ科目の植物ですが、原産はアフリカ。茎も長く花の色も鮮やか。観賞用や切花でもよく見かけますね。

実はこの花弁のように見える部分は「苞葉」と言って、なんと葉なのです。

蕾を包んでいる葉って見たことあるでしょ?それが花びらのように大きくなったのがこれなんですねー。だから真ん中のニョキッと出たオシベように見えるのが花にあたるんですね。

水芭蕉もカラーも派手さは無いけれど、どこか凛として爽やかな花。初夏に涼しげな風を運んで来るようです。

曲はジュディ・オング「麗華の夢」(1980年)です。

reika_no_yume.mp3をダウンロード

2008年5月19日 (月)

ボタン

今日も我が家の庭から・・・。

080519 ボタンの花が咲きました。ピンクの花弁と黄色いオシベの、可愛らしくも上品な感じの花ですねー。

ボタンは中国が原産。

比較的大型の花が大陸的な優雅さを感じさせますが、花弁は比較的薄くしなやか。中国では仏事にもよく用いられているようですね。

四川省の地震の被害が毎日のように報じられていますが、早く平穏な日々が戻ることを願ってやみません。

曲は岡崎友紀「ドゥー・ユー・リメンバー・ミー」(1981年)です。

do_you_remember_me.mp3をダウンロード

2008年5月18日 (日)

ラナンキュラス

皆さん、休日はどう過ごされたのでしょうか?

私は田植え仕事で腰がアイタタです・・・(^^;)

それはさておき、我が家の庭に綺麗な花が咲いています。

Pa0_0005 Pa0_0006 

これはラナンキュラスという球根系の花で、色も華やか。

複数の種類を植えたので、こんなにカラフルになっちゃいました。ここだけ派手・・・。

こんな風に色々な形の種類があるようで、露地栽培でも十分育ちますよー。

曲はフランク・ミルズ「愛のオルゴール」。これ、高田みづえの「潮騒のメロディー」の原曲です。

music_box_dancer.mp3をダウンロード

2008年5月10日 (土)

クレマチス

前回の写真がイマイチだったので、先ほど花屋で見かけたクレマチスをパチリ。

Pap_0002 明日の「母の日」のプレゼント用に並んでいました。

定番のカーネーションもいいけど、こういうシックな感じの色合いもいいですね。

つる科の植物らしく、屋外に植え替えて柵に這わせると、一層引き立ちますね。

ちなみにこの種は「江戸紫」と言うんだそうです。桃屋~!

はじめまして

初めてのブログで少々戸惑い気味・・・。

ネタ探しに町の公園へ出かけました。

ここはツツジの名所という所ですが、そろそろ時期も終わり。

携帯でパチリ。

0805101_2 0805102_2

う~ん、見頃は過ぎちゃったですねー。

出店の屋台ばかり目が行きます。sweat01