最近のトラックバック

ウェブページ

フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2012年10月 | メイン | 2013年1月 »

2012年11月24日 (土)

エイス・ワンダー(Eighth Wonder)/When The Phone Stops Ringing(1987年)

Eighth_wonder

エイス・ワンダーは、女優兼シンガーのパッツイ・ケンジットをメイン・ヴォーカルとしたポップ・バンド。1985年に「Stay With Me」でデビューを飾り、これがイタリアでNo.1、日本でも洋楽チャート1位を記録しました。本国イギリスではそれほどヒットしなかったのですが、’88年にあのペット・ショップ・ボーイズが提供した「I'm Not Scared」がトップ10ヒットとなり、バンドとしては順風満帆と思われたのですが、翌年にはあっさり解散。原因はパッツイが女優に専念したいということからでした。

今思うと、このバンド、パッツイのアイドル性だけでもっていた感アリアリですが、事実、本国イギリスより日本でのパッツイ人気は大きかったようです。

で、その人気を決定づけたとも言える曲がこの「When The Phone Stops Ringing(浮気なテディ・ボーイ)」。「Stay With Me」に続くシングルで、まさにパッツイのキュートな魅力をそのまま表現したようなアイドル・ポップになってますねー。化粧品のCMソングとしても流れてましたので、日本で最も馴染み深い曲なんじゃないでしょうか。

では、いってみよ~!


YouTube: EIGHTH WONDER · When The Phone Stops Ringing (Fantastico)

when_the_phone_stops_ringing.mp3をダウンロード

2012年11月11日 (日)

ロバート・パーマー(Robert Palmer)/Addicted To Love(1985年)

Robert_palmer

ロバート・パーマーは知らなくても、このミュージック・ビデオは見たことがあるんじゃないでしょうか。それくらい一般的にも知られている「Addicted To Love」。当時全米No.1を記録した大ヒット曲です。

無表情のモデル達がバック・バンドを演じ、その中でロバートが渋くクールに歌うこのPV、当時大きな話題になっただけでなく、様々なメディアでパロディ化されたりしてたらしいですねぇ。何にせよそのスタイリッシュな映像も強烈なインパクトがありましたが、曲自体もヘヴィーなドラム&ベースに乗ってロバートのクールなヴォーカルが超カッコいい、お気に入りのナンバーでした。

ロバート・パーマーはイギリス出身のシンガーで、この曲のイメージとは違い、もともとはR&B系を中心に歌っていたそうです。1974年にソロデビュー。幾つかのヒットは放ったもののメジャーな人気は今ひとつだったところに、デュラン・デュランの別ユニット「パワー・ステーション」参加を依頼され、これが英米で大ヒットを記録。一躍ヴォーカリストとして注目を集め、その勢いで発表したソロ・アルバム、シングルがこれまた大ヒットしたわけです。

ところでこのビデオ、ロバートがえらく落ち着いた雰囲気に見えますが、当時まだ36歳だったそうです。意外でした~(笑)。

では、懐かしのPVとロング・ヴァージョンでいってみよ~!


YouTube: Robert Palmer - Addicted To Love

addicted_to_love.mp3をダウンロード

2012年11月 4日 (日)

斉藤由貴/夢の中へ(1989年)

Yuki_saito_2

斉藤由貴サンといえば初代「スケバン刑事」というイメージを持ってらっしゃる方も多いのでは?’85年に始まったこのシリーズ、後に南野陽子サン、浅香唯サンに引き継がれアイドルの登竜門的なドラマとなったわけですが、やはり斉藤サンのイメージはかなり鮮烈で、最もアウトローな雰囲気が出ていたんじゃないでしょうか。

彼女は’84年の「東宝シンデレラ・オーディション」で準優勝という経歴があり、もともと女優志望だったようです。アイドルとして人気が出てからも数多くの映画・ドラマに出演。歌手業にはそれほど本腰を入れていないんじゃない?という雰囲気はありましたね(笑)。

しかし、彼女の意向に反して(?)、「卒業」「初戀」「悲しみよこんにちは」等シングルは大ヒットを記録。中でもこの「夢の中へ」は、ご存知あの井上陽水のカバーとしてだけでなく当時流行のハウス・ミュージックを取り入れた最先端のサウンドでアレンジされていることも話題となり、彼女最大のヒットとなりました。彼女のふんわりとしたヴォーカルと過激な電子音との組み合わせは不思議な一体感があって個人的にも好きでしたねー。

今ではドラマ等のバイプレーヤーとして活躍されている斉藤サンですが、アイドル時代の面影が全く無くなっているあたり、潔い方だなあなんて思いますね(笑)。

では、いってみよ~!

yume_no_naka_he.mp3をダウンロード