最近のトラックバック

ウェブページ

フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2012年4月 | メイン | 2012年9月 »

2012年5月27日 (日)

ドナ・サマー(Donna Summer)/Dim All The Lights~Loves About Change My Heart(1979年~1989年)

Donna_summer

5月17日、ドナ・サマー死去。享年63歳。

突然の訃報に驚きと悲しみが襲いました。70年代ディスコのパイオニア、そして偉大なヴォーカリストがまたこの世から消えてしまったのです。

ディスコ・ファンにとって彼女の作品すべてが青春の想い出の中に残っていることと思います。かくいう私も少し年代はずれるとはいえ、彼女の歌声は何度も耳にし、洋楽に興味を持ったきっかけとなったことは言うまでもありません。懐かしく煌いていたあの時代に燦然と輝いていた巨星は遥か遠くに去っていきました・・・。

まだ自身のサイトを運営していた頃、彼女のアルバムを改めて聴き通していましたが、どの作品も斬新で実にクオリティの高いものばかり。彼女自身も楽曲製作に携わっており、音楽に対する真摯な姿勢をひしひしと感じたものです。

彼女は生涯「70年代のディスコ・クイーン」と言われ続け、ヴォーカリストとしての実力は世間的に認められることは無かったけれど、あの絶妙な響きと伸びのある歌声は唯一無二の存在であったのではないでしょうか。

もちろんディスコ・ダンス・ミュージック界に残した功績は偉大なものであったけれど、まだまだこれからも私達を楽しませて欲しかった・・・。合掌。

今回は個人的に大好きなドナの曲を・・・

http://youtu.be/3GCwGfnSP3M

http://youtu.be/GcxZc-f7zJs

loves_about_to_change_my_heart.mp3をダウンロード

2012年5月 4日 (金)

レイフ・ギャレット(Leif Garrett)/I Was Made For Dancin'(1979年)

Leif_garrett


70年代アメリカのティーン・アイドルとして大きな人気となったレイフ・ギャレット。シンガーとしてもヒット曲を放ち、この「I Was Made For Dancin'」はアメリカでNo.10、イギリスではNo.4にランクインした彼最大のヒット。日本でも「ダンスに夢中」という邦題で約40万枚の売り上げを記録。この年を代表する洋楽ヒットとなりました。

若くして大きな成功を収めた有名人って、その後は結構波乱の人生を送るのがアメリカのエンタメ界の常識みたいになってますが、ご他聞に漏れずこの人も80年代に入ると人気は急降下。麻薬や事故で逮捕されたり身辺に騒動が起こったりと散々な生活状態だったとか。1961年生まれというからまだ年齢としては50歳そこそこなんですね。ホント、ショービズ界は厳しいものですなあ。

ところで彼のヒット曲でもうひとつ忘れてはいけないのが「New York City Nights」。ご存知田原俊彦の「哀愁でいと」の原曲ですね。日本ではなぜかこっちの方が知名度が高いような気もしますが・・・。

では、今回はオリジナル・ミックスでいってみよ~!

i_was_made_for_dancin.mp3をダウンロード

2012年5月 3日 (木)

ニュー・オーダー(New Order)/Blue Monday(1983年)

New_order

エレクトロ・ダンス・ロックの名曲のひとつとも言える「ブルー・マンデー」。’83年に発表され、現在でも強烈なインパクトを放ち続ける楽曲ですね。「史上最も売れた12インチシングル」として記録されているんだそうです。納得~。

何と言っても彼らの曲はこの強烈なビートと重くうねるようなベース音。アングラな雰囲気を持ちながらそこはかとないポップ性を持っていることが特徴でしょう。多くのロック、テクノ系のアーティストにも影響を与えているバンドとしても挙げられているんですね。他のアーティストにサンプリングやリミックスによっても使われているこの曲。どこかで耳にしているかも知れませんよ(笑)。

Youtubeでは当時のアレンジの違ったヴァージョンが聴かれます。聴き比べても面白いですよ。

では、いってみよ~!



YouTube: New Order live, 1984, 'Blue Monday'

blue_monday.mp3をダウンロード