最近のトラックバック

ウェブページ

フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2010年11月 | メイン | 2011年1月 »

2010年12月31日 (金)

ジョン・デイビス&ザ・モンスター・オーケストラ/Ain't That Enough For You(1978年)

今日はジョン・デイビス&ザ・モンスター・オーケストラで「Ain't That Enough For You(ピエロの星占い)」をお届け!

John_davis_and_the_monster_orches_2  この曲も当時ディスコでは大ヒットしてましたねー。ゴージャスなオーケストラ・サウンドとキャッチーなサビ、ノリの良いリズム。ディスコサウンドの定番的な音作りで、現在もディスコ・クラシックの名曲として人気があるようです。

ジョン・デイビス(John Davis)はアメリカのソングライター兼プロデューサーで、「ソウル・トレインのテーマ」でお馴染みのバンドMFSBの主要メンバー。バンドではアレンジャーとして活躍し、多数のディスコ・ヒットを放ちました。モンスター・オーケストラを結成してからも「Night And Day」「Love Magic」等ディスコ・チャートで大ヒットがあり、今でもファンが多い方であります。

では、今年最後になりましたが、皆さん良いお年を~!

aint_that_enough_for_you.mp3をダウンロード

2010年12月30日 (木)

ダンカン・シスターズ/Boys Will Be Boys(1979年)

今日はダンカン・シスターズで「Boys Will Be Boys」をお届け!

The_duncans この「Boys Will Be Boys」は’79年にビルボード・ディスコ・チャートでNo.8を記録。日本でリリースされたかどうかは不明ですが、かなりボルテージがアガるナンバーで、疾走感あるファンキーでカッコいいブラス・セクションと二人の迫力のヴォーカルがたまらないですねー。

このダンカン・シスターズ(The Duncan Sisters 後に「The Duncans」に改名)はアメリカ出身のソウル・デュオ。活動拠点はカナダで、主にセッション・シンガーとして活躍。カナダのディスコ・プロジェクトには幾つか参加していたようで、「THPオーケストラ」「スティッキー・フィンガーズ」等のアルバムにクレジットがあります。

ソウル系といえば野太いヴォーカルをイメージしやすいのですが、彼女達のヴォーカルは清涼感があり上品な雰囲気で、日本人にとっては聴きやすいんじゃないでしょうか。一昔前の日本のコーラス・グループ「EVE」に似たハーモニーですね。

では、いってみよー!

boys_will_be_boys.mp3をダウンロード

2010年12月29日 (水)

メル&キム/F.L.M.(1987年)

今日は メル&キムで「F.L.M.(Fun、Love、And Money)」をお届け!

Mel_and_kim メル&キム(Mel & Kim)といえば「Showing Out」「Respectable」の大ヒットが有名。デビュー曲から4曲連続で全英トップ10ヒットを放ち、その斬新でエキセントリックな曲調も大きな話題となりました。双子の姉妹ということでも希少なデュオでしたね。

しかし、妹のメルがデビュー間もなくガンに倒れ、1990年にわずか23歳でこの世を去りました。以降姉のキムはソロとして活躍しています。

歌唱力、ダンスの質の高さとともに将来を有望されていただけに、「不遇のデュオ」として今でもその存在を惜しむファンが多いようです。

この「F.L.M.」はたった1枚リリースされたアルバムからのシングル・カット。前述の2曲よりポップス性にあふれた佳曲です。バックのサンプリングされたヴォーカルが面白い味を出していますね。

では、Youtubeとロング・ヴァージョンでいってみよー!


YouTube: Mel & Kim - FLM (Montreux, 2nd performance)

flm.mp3をダウンロード

2010年12月 4日 (土)

小柳ルミ子/恋の雪別れ(1973年)

今日は小柳ルミ子で「恋の雪別れ」をお届け!

Rumico_koyanagi 今年もあっという間に12月。1年経つのが年々早く感じられるようになりました。ブログも最近サボり気味ですね~。

季節はもう冬ということで、今回はこの曲にしてみたんですが、愛する人との別れの辛さを情景豊かに描いた歌詞と、彼女の高域のヴォーカルが見事にマッチした切な系の歌謡ポップスですねー。

「あー あの人が消えてゆく 吹雪に涙ちぎれるわ できるならば汽車を止めて 恋の雪別れ~」

歌詞も今の時代に比べれば古臭いですが、恋する思いの深さや別れ際の情景がダイレクトに伝わってくる曲ですね。

では、いってみよ~!

koi_no_yukiwakare.mp3をダウンロード