最近のトラックバック

ウェブページ

フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2010年6月 | メイン | 2010年8月 »

2010年7月24日 (土)

アリーシャ/Baby Talk(1985年)

今日はアリーシャで「Baby Talk(ベイビー・トーク)」をお届け!

Alisha この曲もディスコでプレイされまくってましたねー。ハイエナジー&ユーロビートの人気が盛り上がっている頃。バナナラマやデッド・オア・アライヴ、マイケル・フォーチュナティ等が大ヒットを放ってたディスコ人気が再燃し始めた頃の名曲ですねー。

マドンナの「Into The Groove」に似た重いシンセベースのイントロからシビれまくり、煌びやかでキャッチーな旋律とサウンドにハマりまくりました(笑)。

アリーシャ(Alisha)はアメリカのシンガーでわずか16歳でデビュー。デビューシングル「All Night Passion」が全米ダンス・チャートでNo.4を記録し、続く「To Turned On」がNo.6、そして「BabyTalk」はNo.1をゲット!一躍ダンス・チャートの新生アイドルとして大きな人気を得ました。しかしその後はあまりパッとせず、今でも地道にハイエナジー系の歌手として活動は続けているようですね。

では、Youtubeとmp3ロング・ヴァージョンでいってみYo!up


YouTube: Alisha - Baby Talk

baby_talk.mp3をダウンロード

2010年7月19日 (月)

ギブソン・ブラザーズ/Que Sera Mi Vida(1980年)

今日はギブソン・ブラザースで「Que Sera Mi Vida(涙のケ・セラ)」をお届け!

Gibson_brothers ギブソン・ブラザーズ(Gibson Brothers)と言えば、ディスコ・ファンにとって忘れられないのが大ヒット曲「Cuba(灼熱のキューバ)」ですね~。サンバ系ディスコとして世界的にヒットしたこの曲は彼らの代表曲と言ってもいいでしょう。

ギブソン・ブラザーズは意外にもフランスの兄弟グループ。’76年にレコード・デビューしており、一貫してトロピカル・ディスコ系のナンバーをリリース。ヨーロッパ諸国ではヒットを放っていましたが、’78年の「Cuba」で初の英米チャート・インを果たしました。その後、よりポップな方向へ転換しイギリスではトップ10ヒット2曲、全6曲を100位内にチャート・インさせています。

この「Que Sera Mi Vida」はイギリスで最高位No.5を記録した大ヒット曲。「Cuba」と並ぶ彼らの人気曲です。とにかくメロディーがキャッチーで、エネルギッシュでノリノリのサウンド、嫌でも盛り上がること間違いなしですね~。個人的にはイチオシのディスコ・ナンバーです!

では、いってみよー!sun

que_sera_mi_vida.mp3をダウンロード

2010年7月17日 (土)

マドリーン・ケーン/Forbidden Love(1979年)

今日はマドリーン・ケーンで「Forbidden Love(禁じられた愛)」をお届け!

Madleen_rough_diamond マドリーン・ケーン(Madleen Kane)はスウェーデン出身のモデル兼シンガー。神秘的な瞳をした美女で日本でもCM出演の経歴のある方なんですよ。歌手としては’78年にフランスにて「C'est Si Bon(セ・シ・ボン)」でデビュー。これがヨーロッパ各国で大ヒットとなりました。

そして2枚目のアルバムから全米ディスコ・チャートNo.1を記録したのがこの「Forbidden Love」。実にドラマティックなディスコ・ナンバーで、静かなピアノの導入部から華麗なオーケストレーション・サウンドへ次第に盛り上がっていく展開が感動的。ヴォーカルのほとんどがコーラスになっていて、マドリーン自身のソロが聴けないのは残念ですが、意外とキュートな声をした方なんですよ。

彼女の作品はフレンチ・ディスコの要素が大きいんですが、あのジョルジオ・モロダーやハイエナジー系の作品もあって、結構ディスコ・ファンにはお薦めです!

では、いってみよ~!kissmark

forbidden_love.mp3をダウンロード

2010年7月16日 (金)

カイリー・ミノーグ/All The Lovers(2010年)

今日はカイリー・ミノーグで「All The Lovers(オール・ザ・ラヴァーズ)」をお届け!

Kylie_minogue カイリー・ミノーグの新作アルバム「aphrodite(アフロディーテ)」が先日リリースされました。私も早速ゲット!前作「X」はかなりセクシー路線で少しダークな面を強調したような曲が多かったけど、今回はメロディアスでポップな作品になってますね~。アルバム・タイトル、愛と美の女神アフロディーテにふさわしく、煌びやかでスケール感のあるサウンドに親しみやすくポップで優美な旋律・・・、毎作ごとにダンス・ミュージック・ファンの期待を裏切らず、新鮮な驚きを与え続ける彼女の感性には脱帽ものですな~。

先行シングル「All The Lovers」はすでにヨーロッパ・イギリスで大ヒット中。曲もさることながら、大勢の男女が絡み合うPVも話題となっています。

今回はPVではありませんが、ドイツでのライヴの模様をお届け。こっちの方がもっとセクシーだと思うんですが(笑)。


YouTube: Kylie Minogue Performing All The Lovers ( Live At Germany's Next Top Model Finale)

2010年7月14日 (水)

ポインター・シスターズ/Jump(1983年)

今日はポインター・シスターズで「Jump(For My Love)」をお届け!

Pointer_sisters ポインター・シスターズ(Pointer Sisters)はアメリカ出身の四姉妹グループ。’73年にレコード・デビューしています。70年代には幾つかのヒットを放ち、ソウルだけでなくロックやポップスとクロスオーヴァーしたスタイルで人気を博しました。

そして、彼女達最大のヒットを記録したのが、’83年にリリースされたアルバム「ブレイクアウト」。ここから「Automatic」「Jump(For My Love)」「Neutron Dance」が次々とトップ10ヒットを記録。中でもこの「Jump」は翌年のロサンゼルス・オリンピックでもイメージ・ソングとして使われ、日本でも馴染み深いナンバーですね。

シンセを多用したいかにも80年代のダンス・ミュージックという感じですが、パワフルな彼女達のヴォーカル&コーラスは今聴いても元気になれます。

ところで、この曲、同時期にヒットしたヴァン・ヘイレンの「Jump」と曲調が似てると思いませんか?タイトルも一緒だし、偶然かパクリか気になりますな~(笑)。

もうひとつ余談ですが、彼女達姉妹の兄アーロンは元プロ野球選手で、日本でも西鉄ライオンズの選手として活躍されてたそうですよ。意外~。

では、Youtubeとロング・ヴァージョンでいってみよ~。

jump.mp3をダウンロード


YouTube: The Pointer Sisters - Jump (For My Love) (480p)

2010年7月11日 (日)

ビリー・オーシャン/When The Going Gets Tough, The Tough Get Going(1985年)

今日はビリー・オーシャンで「When The Going Gets Tough, The Tough Get Going(ゲット・タフ)」をお届け!

Billy_ocean ビリー・オーシャン(Billy Ocean)はトリニダード・トバゴ出身のシンガー・ソング・ライター。’76年に「Love Really Hurts Without You」でデビューし、全英No.2のヒットを記録しました。’81年には「Nights(Feel Like Getting Down)」がディスコ・チャートでも大ヒットを記録しています。

その後、’84年には「Caribbean Queen」が全米No.1を記録。合計3曲のNo.1ヒット、7曲のトップ10ヒットを放ち、世界的な成功を収めました。彼の楽曲は明るく軽快でポップなナンバーが多く、ソウル系でありながら親しみやすい雰囲気がありますね。

この「When The Going Gets Tough, The Tough Get Going」も全米No.1となった彼の代表作。力強いビートとドスの効いたコーラスに軽快な旋律、テンションがアガるナンバーですね~。

実はこの曲、映画「ナイルの宝石」の主題歌だったんです。マイケル・ダグラス、キャスリーン・ターナー、ダニー・デビートの豪華キャストが出演している冒険活劇映画で、「インディ・ジョーンズ」っぽいんですが、こちらのほうが大人向けのアドベンチャーという感じで、結構好きな映画ですね。

PVも何とこの3人がバック・コーラスで参加してます。和気あいあいで楽しい雰囲気が伝わってきますね~。

では、いってみよ~!happy01


YouTube: Billy Ocean - When The Going Gets Tough..

2010年7月10日 (土)

ペイパー・レース/Billy Don't Be A Hero(1974年)

今日はペイパー・レースの「Billy Don't Be A Hero(悲しみのヒーロー)」をお届け!

Paper_lace ペイパー・レース(Paper Lace)はイギリス出身のポップ・バンド。’69年に結成し、’74年にこの「Billy Don't Be A Hero」でメジャー・デビュー。全英No.1を記録しました。

この曲、当時のベトナム戦争をテーマとしており、歌詞の内容は戦争で引き裂かれた恋人達の物語という悲痛なものになっています。しかしながら、曲調は軽快なマーチ風で、これがかえって戦争を痛烈に批判しているように思えますね。恋人の彼女の「ビリー、死んで英雄にならないで!生きて帰ってきて!」という言葉が重々しいですね。

ではいってみよ~!thunder


YouTube: Paper Lace - Billy don't be a Hero 1974

billy_dont_be_a_hero.mp3をダウンロード

2010年7月 4日 (日)

倉田まり子/June浪漫(1980年)

今日は懐かしのアイドル、倉田まり子の「June浪漫」をお届け!

Mariko_kurata 彼女は’79年に「グラジュエーション」でデビューした正統派アイドル。その後「HOWワンダフル!」が大ヒットし大きな人気を獲得しました。アイドルとしては結構歌唱力のある方で、軽快なものからしっとりした曲まで歌いこなし、加えて小悪魔的なルックスと抜群の脚線美で大人っぽい魅力も兼ね備えた、いわゆる才色兼備な方でしたねー。

当時は同じアイドル石川ひとみサンとソックリ!なんて話題にもなりましたねー。しかしその後、事件に巻き込まれて芸能界を引退。現在は実業家として活動をされているようです。

この「June浪漫」は彼女の人気が最盛期の頃のナンバー。ロックンロール風な導入部からメロディアスなサビへと変化するアイドル・ポップの決定打というべき作品ですねー。彼女のキュートなヴォーカルの魅力も生かされた忘れられない一曲です。

では、いってみよ~!denim

june_roman.mp3をダウンロード