最近のトラックバック

ウェブページ

フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2010年4月 | メイン | 2010年6月 »

2010年5月22日 (土)

エミリー・スター・エクスプロージョン/Mary Brown(1980年)

今日はエミリー・スター・エクスプロージョンで「Mary Brown(メリー・ブラウン)」をお届け!

Mary_brown エミリー・スター・エクスプロージョン(Emly Starr Explosion)はベルギーのポップ・グループ。その名のとおり、メイン・ヴォーカルのエミリー・スターを中心に3人のダンサー兼コーラスを配したユニットで、70年代末から80年代初頭にかけてヒットを放ちました。

日本でも幾つかのヒット曲がありますが、何と言っても最大のヒットとなった「サンチャゴ・ラヴァー(Santiago Lover)」(’79)を憶えてらっしゃる方が多いのでは?当時ディスコで大流行してましたねー。あの「ヘイ・ヘイ・ヘイ」という掛け声がたまりませんでした(笑)。

その後、キャンディ・ポップ・ブームに乗って日本でも人気があったわけですが、彼らの曲は他のグループと違って、泥臭い雰囲気があり、独特の存在感がありました。そんな彼らのイメージを最も象徴しているのがこの曲だと思いますねー。

大きなヒットにはなりませんでしたが、マイナー路線のミステリアスなメロディーとエミリー・スターの凄みのあるヴォーカルが絶妙にマッチした、隠れた名曲だと思います。

では、いってみよ~!

mary_brown.mp3をダウンロード

2010年5月 9日 (日)

ヘイゼル・ディーン/Whatever I Do(1984年)

今日はヘイゼル・ディーンで「Whatever I Do(気分はハイエナジー)」をお届け!

Hazell_dean この曲はディスコでもガンガンにプレイされまくってましたねー。当時は「ハイエナジー・ディスコ」全盛期の頃、イヴリン・トーマスの「High Energy」を皮切りに、ミケール・ブラウン「So Many Man、So Little Time」、アンジー・ゴールド「Eat You Up(素敵なハイエナジー・ボーイ)」、ワールド・ワイドなヒットではフランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド「Relax」、デッド・オア・アライヴ「You Spin Me Round」等、ハイエナジー・サウンドが一般にも認識された頃でした。

そして極めつけのハイエナジー・ディスコ・ナンバーとして大ヒットを記録したのがこれ。バキバキのシンセ・サウンドに響き渡るベースとビート、そしてパワフルでハイテンションなヴォーカル。ハイエナジーの頂点を極めたと言っても過言ではない超アゲアゲなナンバーです。

ヘイゼル・ディーン(Hazell Dean)はイギリス出身のヴォーカリスト。70年代に既にデビューしていたそうです。その後’83年にリリースしたハイエナジー・ナンバー「Searchin’」がディスコ・チャートで大ヒットを記録。続いてリリースされたこの「Whatever I Do」は全英ヒット・チャートでNo.4となる大ヒットとなりました。また、彼女のヒット曲のひとつ「Turn It Into Love」は、あの往年のアイドルWinkの「愛がとまらない」の原曲であったことも有名ですね。

またこの曲は、80年代に多くのダンス・ポップ・ナンバーをヒットさせた名プロデューサー・チーム、ストック/エイトキン/ウォーターマンが手がけており、彼らのその後の大躍進はこの曲から始まったといっても過言ではありませんね。

では、ノリノリでいってみよ~!music

whatever_i_do.mp3をダウンロード

2010年5月 2日 (日)

レヴェル42/Something About You(1985年)

今日はレヴェル42で「Something About You(サムシング・アバウト・ユー)」をお届け!

Level_42 レヴェル42(Level 42)はイギリス出身のポップ&ジャズ・ファンク・バンド。もともとはフュージョン系のインスト曲を主体にしていましたが、80年代に入るとポップス系のナンバーに転向。リーダーのマーク・キングのヴォーカルをフィーチュアしたキャッチーな楽曲で、この「Something About You」や「Lessons In Love」「Running In The Family」等、英米でトップ10ヒットを放ちました。

彼ら、フュージョン系のバンドということで、その演奏技術はイギリスでもトップ・クラス。マドンナやポリス、スティーヴ・ウインウッド等大物アーティストのサポート・バンドとしても活躍していたそうです。また、リーダーのマーク・キングは「スラップ奏法」という高速でベースを叩く演奏テクニックを持ち、各界のギタリストからも尊敬されていたそうですよ。

5月の爽やかな季節にピッタリのナンバーです!

では、Yutubeではライヴ、mp3ではリミックス・ヴァージョンでいってみよ~!