最近のトラックバック

ウェブページ

フォトアルバム
Powered by Six Apart

« イヴリン・トーマス/This Is Madness(1989年) | メイン | ライム/Love Me Don't Ever Go(2002年) »

2009年5月 2日 (土)

ユーリズミックス/There Must Be An Angel(1985年)

今日はユーリズミックスの「There Must Be An Angel(ゼア・マスト・ビー・アン・エンジェル)」をお届け!

Eurythmics ユーリズミックス(Eurythmics)はイギリスのユニットで、ヴォーカル担当のアニー・レノックスとプロデュース&インスト担当のデイヴ・スチュアートの男女二人組。’83年に「スイート・ドリームス」が全米No.1を記録し、80年代に多くのヒットを放ちました。

彼らの音楽はクールで斬新なエレクトロ・サウンドと叙情的なメロディー、そしてアニーの変化に富んだヴォーカルが魅力。特にアニーのまるで男装の麗人のようなクール・ビューティーなルックスが印象に残ってますねー。当時は「宝塚の男役みたい」なんて思ったものです(笑)。

彼らの曲は印象的なメロディーのものが多いんですが、中でもこの「There Must Be An Angel」はソウルフルで神聖ささえ感じる名曲。特に導入部のアニーの美しいスキャットとゴスペル風なアレンジがセンス抜群ですね。聴いていると窓を開けて空を見上げたくなるのは私だけでしょうか(笑)。

実はこの曲、カバーやCM、果ては結婚式でも多く取り上げられている彼らの代表曲。美しいメロディーとヴォーカルは普遍的な力がありますね。

では、いってみよ~!t-shirt

there_must_be_an_angel.mp3をダウンロード

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/336198/19563941

ユーリズミックス/There Must Be An Angel(1985年)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿