最近のトラックバック

ウェブページ

フォトアルバム
Powered by Six Apart

« リッチー・ファミリー/The Best Disco In Town(1976年) | メイン | 山口百恵/謝肉祭(1980年) »

2009年1月16日 (金)

ファイヤー・インク/Tonight Is What It Means To Be Young(1984年)

今日はポップス、ではなくロックをお送りします。ファイヤー・インクの「Tonight Is What It Means To Be Young(今夜は青春)」です。

この曲は1984年の映画「ストリート・オブ・ファイヤー」のサントラに収録されていた曲。日本でも椎名恵が「今夜はエンジェル」という邦題でカバーしてましたねー。ちなみにこちらはドラマ「ヤヌスの鏡」の主題歌でした。

Streets_of_fire この曲、当時大好きでした。ソロのヴォーカルで歌い上げる導入部から次第に力強いリズムが加わり、いくつものコーラスやヴォーカルが重なっていく展開が実にドラマティック。曲調も重厚ながらノリが良く、映画のタイトルのように熱くなるナンバーですねー。

映画の内容は、人気女性ロック・シンガーが悪党に誘拐され、元カレだったアウトロー男が仲間とともに助けに行くという、昔の西部劇みたいな勧善懲悪ストーリー。ヒロインはダイアン・レインが演じているんですが、歌のシーンは完全な口パクでした(笑)。

しかし、映画の中で流れる曲は実にカッコいい曲ばかり。ソウル系のナンバーもあればニュー・ウェイヴ・ロックもあり、どちらかというとこの映画、映像より音楽が主役じゃないかと思うほどサウンドはイカしてますねー。ビデオが発売された当時はプロモーション・ビデオ的にあちこちの電気店で映されていたのを思い出します(笑)。

では、いってみよー!punch

tonight_is_what_it_means_to_be_young.mp3をダウンロード

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/336198/17822364

ファイヤー・インク/Tonight Is What It Means To Be Young(1984年)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿