最近のトラックバック

ウェブページ

フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 郷ひろみ/誘われてフラメンコ(1975年) | メイン | ファイヤー・インク/Tonight Is What It Means To Be Young(1984年) »

2009年1月11日 (日)

リッチー・ファミリー/The Best Disco In Town(1976年)

今日のディスコ・ナンバーは、またまたリクエストにお応えして、リッチー・ファミリーの「The Best Disco In Town(ディスコは恋の合言葉)」をお届けします!

The_best_disco_in_town ディスコ・ソングは数々あれど、この曲はなんと既成ディスコ・ヒットのハイライト部分をカバーしてメドレーにしちゃったという、当時としてはアイデア賞モノの大ヒットナンバー。アメリカではポップ・チャートで17位、ディスコ・チャートでは2位を記録しています。

この曲に挿入されているフレーズには、「リーチ・アウト・アイル・ビー・ゼア」「フライ・ロビン・フライ」「ザッツ・ザ・ウェイ」「レディ・バンプ」「レディ・マーマレード」「ソウル・トレインのテーマ」「愛の誘惑」等ディスコ・ブーム初期のヒットがズラリと並んでいます。「一粒で二度おいしい」じゃなくて(笑)、一曲で数曲分楽しめるってことですねー。このヒットをきっかけに雨後のタケノコのようにメドレー物が流行ったとか。メドレー物といえば、’81年に全米No.1となった、サウンド、ヴォーカルともにビートルズそっくりの「ショッキング・ビートルズ45」も思い出しますね。

リッチー・ファミリー(Ritchie Family)はフランスの音楽プロデューサー、ジャック・モラリが手がけたグループ。ジャック・モラリはあのヴィレッジ・ピープルのプロデュースでも有名な方で、アメリカのマーケットを狙った曲を次々とヒットさせました。この曲に使われているフレーズがアメリカでのヒット曲が多いのもそんな戦略があったのかも知れませんね。

リッチー・ファミリーはその後もコンスタントに作品をリリースしており、’83年頃まで活動していたようです。どれも徹底したディスコ路線で、アルバムもオススメですよ。HPにもセクションがありますので、こちらも覗いてみてね!

http://kore.mitene.or.jp/~jamboree/ritchie%20family.html

では、ロング・ヴァージョンでいってみよー!ribbon

the_best_disco_in_town.mp3をダウンロード

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/336198/17755218

リッチー・ファミリー/The Best Disco In Town(1976年)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿