最近のトラックバック

ウェブページ

フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2008年6月 | メイン | 2008年8月 »

2008年7月27日 (日)

壊してしまった・・・

今日はちょっとショックな事が・・・

愛用していたヘッドフォンを踏んづけて壊しちゃったのですー。shocksweat01

で、こんなんなっちゃいました。

2008727 見事に左側がダラリン~。いちおう線は繋がっているんですが、耳にフィットしないと意味ないですよねー。

これ、もう10年以上愛用してたので、かなりガックシ来ました。長年耳に馴染んでいたのに、自分の不注意で壊してしまうと悔いが残ります。

そういえば、アンプとレコード・プレーヤーも最近調子が良くないなあ~。機械って壊れるときは同時に来るんですよね。

とりあえず、ヘッドフォンさん、長い間お疲れ様でした!

宇徳敬子&近藤房之助「Good-by Morning」(1992年)

goodby_morning.mp3をダウンロード

2008年7月26日 (土)

B級ディスコ・コレクション 7発目

B級ディスコ・ウィーク最後は、マゼランの「バンブー・キッズ(Bamboo Kids)」(1980年)をご紹介。

Magellan

この曲、あの「ジンギスカン」を完全にパクッたとしか思えないほど曲調がソックリ。女性ヴォーカルがメインで、サウンドはシンセサイザー中心のピコピコ・サウンド。70年代のヨーロピアン・ディスコとテクノ・ポップが合体したようなナンバーになっています。

しかし、リズミカルで親しみやすいメロディー・ラインは秀逸。こちらもディスコの本場ドイツ産というだけあってノリの良さは抜群ですねー。タイトルの「バンブー・キッズ」から分かるように、これは当時の竹の子族をテーマにしたもの。日本向けに作られた楽曲のようですね。

では、お聴きください!

bamboo_kids.mp3をダウンロード

2008年7月25日 (金)

B級ディスコ・コレクション 6発目

今日もお暑うございました。coldsweats01

もうクーラーなしでは生きていけませんねぇ。でも車のアイドリングは控えましょ。地球のためにCO2削減でっす!

話は変わって、今日のB級ディスコは、タジャーナの「サンタ・マリア(Santa Maria)」(1995年)をご紹介。

Tatjana

当時のJ-POP界は小室系サウンドの花盛り。ディスコ界はジュリアナ東京やヴェルファーレ等の巨大なクラブを中心としたテクノ、ハウス、ユーロビート系が全盛でした。

しかしこの曲、当時としては実にオーソドックスな作りで、しつこいくらい「さんたまりあ~」のフレーズの繰り返しに憶えやすいメロディーが逆に新鮮な感じがしましたねー。途中にラップが入るところを除けば、70年代ディスコの雰囲気をそこはかとなく持った楽曲であったと思います。

タジャーナはロシアのモデル兼シンガー。今で言う「ロシアの黒船」ってところでしょうか(笑)。なかなかのセクシー・ギャルであります。で、プロデュースは元PWLのストック&エイトキン。ノリの良さとキャッチーさはこれまでの作品の中でも群を抜くものがありますね。ちなみに、あのサマンサ・フォックスもこの曲をカバーしていたそうです。B級にしてはちょっとメジャーなヒットだったかも?(笑)

では、アゲアゲでどうぞ~。

santa_maria.mp3をダウンロード

2008年7月24日 (木)

B級ディスコ・コレクション 5発目

今日もやっちゃいます(笑)。5発目はダイアナ・リングの「ディスコ・カサノバ(Midnight Rover)」(1979年)

Diana_ring

ジャケットを見るとお分かりのように、なかなかの美人。しかし、それよりスケスケの衣装とオッパイの方に目が行きますな~(笑)。

それもそのはず、なんとこの方、トップレスで歌うという、掟破りのセクシー・シンガー!1メートルはあると思われるバストを持つダイナマイト・バディで男性諸氏を悩殺したとかしないとか(笑)。日本の深夜番組「11PM」にも出演したそうです。確かに子供の見る時間帯に出演は無理でしょうねぇ~(笑)。

この方、オランダ出身で活動地はオーストリアだそうです。曲は割とロック調の正統派ディスコという感じでヴォーカルもパワフル。ただしミックス・ダウンを日本でやっているそうで、歌謡曲っぽいサウンドになってますねー。ひょっとして日本オリジナルの曲なのかも・・・。B面はスロー・ナンバーですが意外と歌はうまいです。

では、貴方も悩殺されちゃってください!(笑)

disco_casanova.mp3をダウンロード

2008年7月23日 (水)

B級ディスコ・コレクション 4発目

今日はドイツの2人組デュオ、ハリウッドの「夢みるシスター(Don't Treat Me Like Your Sister)」(1978年)です。

Hollywood

ドイツといえばシルヴァー・コンベンションやアラベスク、ジンギスカン等でディスコ・ブームを席巻したミュンヘン・サウンドの本拠地。

この曲もバリバリのミュンヘン・ディスコ調なんですが、ヴォーカルは黒人女性2人という、ちょっとソウルフルな味付けがされた一品。セクシーな語りなんかも挿入されてます。

アラベスクやジンギスカンほどのキャッチーさも無く、さほど盛り上がる曲でも無いのですが、大人なミュンヘン・ディスコという感じで、これはこれでアリかも。

なお、ハリウッドのメンバーについてはライナー・ノーツでも触れられてなく不明。ドイツ版テイスト・オブ・ハニーかウエザー・ガールズか?(笑)

ドイツ産というだけで買ってしまった1枚でした。チャンチャン。coldsweats01

では、お聴きくださ~い。

dont_treat_me_like_your_sister.mp3をダウンロード

2008年7月22日 (火)

インディ・ジョーンズ

皆さん、三連休はいかがでしたか?

私は2日目に腰を痛めて、外出を控えてましたが、今日は腰を抑えつつ、念願の(笑)「インディ・ジョーンズ~クリスタル・スカルの王国」を観てきました。

Indiana_jones

いや、面白かったですよ~。happy01 全編見所満載!最初から最後まで全く飽きることなく楽しめました。さすがインディ!

しかしハリソン・フォードってもう60代なんですよね。たしかにちょっと体型はヨレてる感じはするけど、渋みが加わって、これまでよりインディ姿が板についてるように思います。ハードなスタントもこなしていて、よくこれだけ動けるなあ~なんて感心することしきり。

私は1作目から全部映画館で観てますが、学生だった当時はただただアクションや派手な仕掛け、特撮に惹かれて観てました。確かに今回もアクション・特撮は凄かったけど、年齢を重ねると観るポイントも変わってきますね。俳優の表情とか、回りのセットやエキストラとか、自分でも結構細かなチェックしてたりして(笑)。

インディも今回は考古学から宇宙へスケール・アップ。ツッコミたくなるシーンも満載。個人的にはジャングルの中のカーチェイスのシーンが面白かったですねー。それから、軍隊アリって怖いですねー(笑)。

とにかく、久しぶりに純粋に映画を楽しめました。

「いや~、映画ってホントいいもんですね~」

今日のB級ディスコはEVE(イヴ)の「恋はパッション」(1987年)。当時の日本の音楽界で、多数のヒット曲のバック・コーラスを担当した三姉妹グループです。コーラスを聴けば「あっ」と思う方もいるのでは?

では、どうぞ~

koi_wa_passion.mp3をダウンロード

2008年7月21日 (月)

B級ディスコ・コレクション 2発目

今日は炎天下の中、奉仕活動。用水路の泥さらいでしたー。despairsweat01

普段スコップなんて持たないし、力仕事も久々。見事に腰を痛めちまったです。アイタタ・・・wobbly

ブログ書いてる間、椅子に座ってるのもツライっす~。(汗)

さて、今日のB級ディスコは、ザ・シーバック・バンドの「燃えよアパッチ(Apache)」(1977年)です。

The_seebach_band

ザ・シーバック・バンドはデンマーク出身のプロデューサー兼ソングライターのトミー・シーバックなる人物が仕掛けたディスコ・ユニット。ミュンヘン・ディスコ調のサウンドと分厚いエレキ・ギターが印象的な、マカロニ・ウエスタンのようなインスト系ナンバーです。

この「アパッチ」という曲は60年代にシャドウズやベンチャーズがヒットさせた、いわゆるエレキ・ブームが生んだ名曲。団塊世代のお父さん達には懐かしい曲なんですね。

実は、You Tubeでこの「燃えよアパッチ」のPVが観られます。女性ダンサーの踊りがかなりイケてます(笑)。

こちらでは曲のみをどうぞ!

apache.mp3をダウンロード

2008年7月20日 (日)

B級ディスコ・コレクション

ちょっと間が空いてしまいました。一週間ぶりのご無沙汰です~。

やっと梅雨が明けて夏らしい気候になりました。いよいよ夏本番です!

しかし、あち~!明日は町内の奉仕活動・・・。この炎天下では気が滅入ります。gawksweat01

ところで、今週はB級ディスコの迷曲をお送りしたいと思います。

今日はドイツのグループ「バーデン・バーデン」の「燃えよ!バラ・バラ」(1979年)

Baden_baden

この曲、聴けば分かるんですが、1967年に大ヒットした「バラ・バラ」というロックンロール・ナンバーのディスコ・ヴァージョン。オリジナルはレインボウズというこれもドイツのバンドなんですね。

なぜかタイトルに「燃えよ!」が付いていますが、これ、当時のカン・フー映画ブームを象徴していて、曲中にも「フッ!ハッ!」なんて掛け声が挿入されてます。普通のアレンジでは面白くないので、ついでにカン・フーも入れちゃえって感じで作ったんでしょうかねぇ(笑)。

原曲の歌詞も実に単純で、かなり耳に残るナンバーですよ。

では、どうぞ~。

balla_balla.mp3をダウンロード

2008年7月13日 (日)

ネムノキ

今日、山間部を車で走っていたら、ちょっと変わった花を発見。Pap_0029

Pap_0028 なんだかブラシのような花ですが、これネムノキなんですって。

名前は聞いたことあるけど、実際見たのは初めて。ふんわりした雰囲気でちょっと癒される花ですね。

この花のもうひとつの特徴は夕方になると葉が閉じること。オジギソウと似た性質があるんですね。虫に食べられたりするのを防ぐために進化したそうです。ホント自然って不思議ですね。

淡いピンクがおしゃれ~な感じじゃないですか?

曲はバーブラ・ストライサンド「メーン・イベント(Main Event)」(1979年)

main_event.mp3をダウンロード

2008年7月11日 (金)

心の道程

真夜中23時

整然と並んだデスクの列にひとり

キーボードを叩く音

思考はすでに散漫

明日までに仕上げないと・・・

ふと、窓の外を見上げる

星空

ああ、空を見上げたのは久しぶりだ

今まで余裕が無くて、周りなんて見えなかった

いや、見ようとしなかったのかも

あの人もこの人も、きっと気遣ってくれてた

だけど、それに気づかなかった

今、僕があるのは

きっとあなた達のおかげ

まわり道ばかりする僕を

あなたが手をひっぱって連れ戻してくれた

時には優しく、時には強引に・・・

あなたが導いた道の先には

どんな風景があるのだろう

今、それが知りたくて

頑張っています

八神純子「パープル・タウン」(1981年)

purple_town.mp3をダウンロード