最近のトラックバック

ウェブページ

フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2008年5月 | メイン | 2008年7月 »

2008年6月28日 (土)

ひまわりの種

最近、仕事が多忙でブログもサボり気味になってました。(^^;

週末も私用でちょっと忙しいです。ますます汗かきそう・・・。

ところで、箱に播いたヒマワリが芽を出しました。

Pap_0026

種を播いてから3日くらいで発芽。結構成長が早くて驚きました。本葉が揃ったら植え替えます。楽しみ~。

ヒマワリの種って、炒って食べれるんですよね。ビールのつまみになるかなあ~。これじゃ観賞用じゃなくて食用で育ててるみたいですね(笑)。

他にも幾つか種を播いたのでまた発芽したらお知らせしますね。

一方、庭では赤とピンクのユリが咲きました。ピンク色はカワイイですね。部屋に飾っておきたいくらい。

Pap_0024 Pap_0025 そういえば沖縄はもう梅雨明けしたそうです。こちらはまだの様子。皆さんのところではどうですか?

早くカラッとした夏空になるといいですねー。

曲は太田裕美「南風~South Wind」(1980年)

south_wind.mp3をダウンロード

2008年6月22日 (日)

「てもちぶさた」

今日もドンヨリした天気ですね。

昨日はお約束どおり飲みに行きました~。happy01beer で、今日は二日酔い~shock

最近なかなか酒が抜けなくなってきました。これも歳のせい?

ところで、飲み屋での話し。

「てもちぶたさ」か「てもちぶさた」。どっちが正しい?という話題になって、

調べたら「手持ちぶさた」が正解なんだそうです。

あ~、そうなんだ。

ついでに、表記は「手持ち無沙汰」と書く・・・。

別に大したことじゃないんですけどね。酔ってると他愛の無いことで盛り上がるもんです(笑)。

最近、文章を書いたり、本を読んだりすることがほとんど無くなったので、読み方、綴りを忘れているものが多いですねー。反省、反省。

ところで、「バラ」って漢字で書ける?(笑)

あ、そういえば「インディ・ジョーンズ」観てないや・・・。wobbly

カイリー・ウィーク最終日の曲は、皆さんご存知「ラッキー・ラブ(I Should Be So Lucky)」。過激な「Max Mix "Y&Co" Long Version」でどうぞ~。

Kylie_622 i_should_be_so_lucky.mp3をダウンロード

2008年6月21日 (土)

紫陽花

今年もまた梅雨入りしましたねー。rain

職場は未だエアコンが稼動していないのでジメジメ・・・。仕事しててもいや~な汗がジトジト・・・。早くつけてくれ~coldsweats02

ところで、この時期の花といえばアジサイ(紫陽花)ですね。我が家のアジサイも今が盛りと花を付けています。

200862101 200862102

まるで手毬がならんでいるような姿はちょっと微笑ましい感じですね。

この写真は全体が花で埋め尽くされていますが、原種は中心に小さな花があって周りだけが大きい、まるで額縁のような咲き方をする、その名も「ガクアジサイ」というんだそうです。面白い命名ですねー。

アジサイは花が終わりの頃すぐに花枝の根元を切るのが良いそうです。来年も立派な手毬が見られますよ。confident

今日のカイリーは、私の好きな曲のひとつでもあります、「ネバー・トゥー・レイト(Never Too Late)~Extended Mix」(1989)。

Kylie_621 never_too_late.mp3をダウンロード

2008年6月20日 (金)

名は体を表す?

同僚に子供が産まれました。

女の子なんです。

で、名前が「菜々美」ちゃん。

かわいい響きですねー。

でも、子供の命名って大変なんだそうです。

名前イコール人生を決めるみたいなもんですから。

最近は特に凝った名前が多いみたいで、「子」が付く名前ってほとんどお目にかからないですねー。

ひらがな表記の名前も流行っていて「さくら」「ひなた」「こころ」「そら」なんてのもあるそうです。

「さくら」は流行りの桜ソングからきているのか、「ひなた」は「陰日向に咲く」の影響か・・・?

あと、当て字で「キララ」とか「ルウク」、「コナン」等。こりゃ、まんまアニメのキャラですね(笑)。

でも、子供が年をとって、「キララ」とか「コナン」とか呼ばれるのは想像できないっすねぇ~。

時代が変われば名前も変わるもんですね。

しかし、よくよく考えると、最近回りに産まれた子はほとんどが女の子。

少子化になると女の子が増えるってホント?

今日のカイリーの曲は「アイ・ライク・イット(I Guess I Like It Like That)」(1991年)

Kylie_620 i_guess_i_like_it_like_that.mp3をダウンロード

2008年6月19日 (木)

ザ・フライ

今日は1986年の映画「ザ・フライ」をご紹介。

The_fly

これはは1958年の映画「ハエ男の恐怖」のリメイク版。といっても進化したSFX技術と新たな解釈が付け加えられ、ホラーでありながらドラマ性の高い名作となりました。

科学者のブランドルは転送装置「テレポッド」を開発。そして完成した装置で自らを転送。成功したかに見えたが、その中には一匹のハエが紛れ込んでいた。彼はハエと遺伝子レベルで融合してしまったのだ。

ハエ特有の能力や形態に変化していくブランドル。そしてその恋人はなんと彼の子を妊娠してしまった。果たして彼は元の姿に戻れるのか?そして妊娠した彼女の運命は?

というストーリーなんですが、この映画の見所は、ブランドルの悩みと苦しみ、恋人への愛が狂気に変わっていく姿ですね。

ハエに変態して行くSFXも不気味ではありますが、それにも増してアクの強い俳優陣と演技力、そして衝撃的な展開で見せる部分が大きいと思います。単なるホラー映画とは違い格調高いですねー。

私も当時観たときはそれこそテレポッドに引き込まれるんじゃないかと思うほど(笑)、衝撃を受けました。

また主演がジェフ・ゴールドブラムとジーナ・デービスという、キャラクター的にも個性的で昆虫的な(笑)キャスティングの妙もこの映画を印象強くしていると思いますなー。

では、今日のカイリーのナンバーはペット・ショップ・ボーイズとのデュエットで、「イン・ディナイアル(In Denial)」(1999年)

Kylie_619

in_denial.mp3をダウンロード

2008年6月18日 (水)

ただいま・・・

残業から帰りましたあ~。coldsweats02

ここ最近帰りが遅く、ブログもこんな時間に書いてます。sweat01

平日は仕事して帰って寝るだけなんて勿体無いですが、自分の時間がなかなか取れないですよね。「アフター5」なんてもう死語に近いんじゃないかなあなんて(笑)。

一日が30時間くらいあればいいのにね。  え、それじゃかえって疲れるって?

まあ、今週も頑張って、週末は飲みに行きますか!

そうそういえば、「インディ・ジョーンズ」って土曜日から公開ですよね?これ、すごく観たかったんですよ。皆さんも是非映画館で観てくださいね。

よし、週末の予定は決まり~。happy02

ってことで、今日はもう寝ます。おやすみなさい・・・

あ、カイリーの曲、忘れずにお届けします。

今日は「愛のメッセージ~The Pump And Polly Mix」(1990年)です!

What_do_i_have_to_do what_do_i_have_to_do.mp3をダウンロード

2008年6月17日 (火)

カイリー・ミノーグ

今日は私の好きなアーティストでもある、カイリー・ミノーグについて。happy01

Kylie_minogue

彼女は80年代末から現在も世界的な人気を誇るアーティスト、また、ポップ・アイドルでもありますね。

今の若い世代には2001年に大ヒットした「Can't Get You Out Of My Head」がお馴染みですが、30~40代の世代にはやっぱり「ラッキー・ラブ(I Should Be So Lucky)」「ロコモーション」「愛がとまらない(Turn It Into Love)」を憶えている方が多いのでは?

彼女はもともとオーストラリアのTVドラマで人気となり、1987年に「ロコモーション」でデビュー。当時のオーストラリア史上最大のヒットとなり、後に「ラッキー・ラブ」で世界デビューとなりました。

この「ラッキー・ラブ」は、デッド・オア・アライヴやバナナラマ、リック・アストリー等の大ヒットを手がけたダンス系プロデュース・チーム、ストック/エイトキン/ウォーターマンが製作。またもやイギリス史上最大のセールスを記録しました。

以降ポップ・アイドルとして次々とヒットを連発。90年代には低迷しましたが、アーティスティックな感覚をも兼ね備えたポップ・クィーンとして成長し、2000年以降はイギリスのみならずアメリカでも成功。現在では世界的な人気を誇るアーティストとなりました。

私は「ラッキー・ラブ」からのファンなんですが、当時は良く聴いてましたねー。PWLにハマりだしたのもこの頃から。もちろん彼女のアルバムは全部買ってます(笑)。

アイドル時代は結構曲によって好き嫌いがあったんですが、3枚目あたりからちょっとハードなサウンドに変わってきて、この頃からカイリーは見逃せなくなりましたね。

個人的に一番のお気に入りアルバムは2000年リリースの「ライト・イヤーズ」。彼女が世界的ヒット「Can't Get You Out Of My Head」でブレイクする前のアルバムですが、もろディスコ色の濃い作りで、70年代のディスコと最先端のサウンドが合体した極上のポップ・ナンバーばかり。名盤です!

今週いっぱいは昨日に続いてカイリー・ミノーグの曲をご紹介していきます。お楽しみください!

今日はアルバム「ライト・イヤーズ」から「ディスコ・ダウン(Disco Down)」。

disco_down.mp3をダウンロード

2008年6月16日 (月)

花徒然

今日は撮り溜めした花の写真をご紹介。

Pap_0017 Pap_0018 Pap_0019 Pap_0020 1,2枚目は我が家の庭にて、また違った色のユリが咲きました。黄色も派手でいいけど、やっぱ純白の方が爽やかな感じで好きですねー。

3枚目は、これナスの花なんです。結構愛らしくて綺麗な花ですよね。これがナスビになるんですよ。

4枚目は庭に生えていた草花。ピンクに斑点模様のある花弁が特徴的ですが、名前が分からず・・・。本で調べてもそれらしきものが載ってないんです。誰か教えてくれないかなあ。

Pap_0015 Pap_0016 5枚目は我が職場の花壇。いろんな種類の花が植えてあってカラフルで目にも鮮やかですね。サルビア、マリーゴールド、ケイトウ、ペチュニア等、珍しい赤いユリも咲いてました(6枚目)。

今日は花屋でヒマワリの種や芙蓉、バラの苗木を購入。これから植えます。どんな花が咲くのかお楽しみに!happy01bud

曲はカイリー・ミノーグ「セレブレーション~Have A Party Mix」(1992年)です。

celebration.mp3をダウンロード

2008年6月15日 (日)

ライト・スタッフ

今日は、1983年の映画「ライト・スタッフ(Right Stuff)」をご紹介します。

Right_stuff

1950年代後半、ソ連と宇宙計画を競っていたアメリカは、史上初の有人宇宙飛行をめざして、急遽7人のパイロットを集め、訓練を開始。しかしそれは失敗の繰り返しで前途多難を極めた。

一方、ひとりのテスト・パイロットもマッハの記録を打ち立てるべく、大空に挑戦し続けていた。

やがて、ソ連のガガーリンが史上初の有人飛行に成功。遅れをとりながらも7人のパイロット達は宇宙へと旅立ってゆく。

こんなストーリーなんですが、これが上映時間が3時間以上という長編!いちおう実話が元になっているようですが、それぞれのキャラクターやNASAの様子がコミカルに描かれていて全く飽きさせませんね。

身体能力のテストの場面なんか、パイロット達が婦長をからかったり、屈強な男達がオロオロするシーンがあったりと、思わず笑ってしまいますねー。

この映画はパイロットだけでなく、その家族にもスポットをあてているのが特徴で、それぞれの妻たちの思いや悩みなど、シリアスな部分もきちんと描かれています。こういうの見てると、ああ、男っていつまでも夢を追う子供なんだなあ、なんて思いますね。

今でこそスペース・シャトルの時代で宇宙への旅も現実的になってきていますが、開発当初はこんな試行錯誤と苦労があったのか・・・、と宇宙開発の歴史も知ることができますね。

大空と宇宙へ挑戦する男達。そして妻達への愛。その姿は実に爽やかでカッコいいです!

曲はシェール「ビリーヴ」(1998年全米No.1)です。

believe.mp3をダウンロード

2008年6月12日 (木)

オトナじゃないの

勢いで、今日もアイドルです(笑)。

80年代前半のアイドル量産時代に、ちょっと特異な声質と楽曲でコアなファンが多かったと言われる松本伊代サン。

Photo

「伊代はまだ16だから~」がデビュー曲にして大ヒット。さらに「キラキラ!」でおじさま族をトリコにしました(笑)。大学入学後は「女子大生アイドル」として「オールナイト・フジ」の司会で活躍。結婚後も天然ボケの奥様タレントとして、たびたびTVに登場していましたね~。

彼女の曲ってブリブリのアイドル・ポップスなんですが、かなりユニークなものが多く、加えてあの低めのヴォーカルがかなりエキセントリックな雰囲気を出してますね。当時のアイドル達の中では印象が強く存在感のあるキャラだったと思います。

その中でもこの曲はかなり強烈でした。やたらギャグアニメっぽいサウンドで、ちょっと間違うとコミック・ソングにもなりかねない。しかしポップスとしてちゃんと成立している何とも不思議な曲。こういう曲って実は意外と凝ってて作るの難しいんですよねー。(憶測ですが・・・)

しかし、当時17歳の女の子に「かーけちゃうぞ、ピーピピッピ!」なんて歌わせて、大丈夫だったんでしょうかねー(笑)。

まあ、彼女の中では「ヤッちまった曲」なのかも知れませんね。coldsweats01

では、松本伊代「オトナじゃないの」(1982年)をどうぞ!

otona_ja_naino.mp3をダウンロード